2008年01月06日

オレンジロードアタック

今日、もっちゃんさんが仲間とツーリングとのことでご一緒させてもらった手(チョキ)
カブ改×2、モンキー改、マグナ50改、バハ


まずは金峰山めざす!!

ノーマルは置いていかれるwwwあせあせ(飛び散る汗)
もっちゃんさんが気を遣ってくれてゆっくり走ってくれましたかわいいぴかぴか(新しい)

そんなこんなで……すぐに着いてしまった。
以前書いた記事のルートでは1時間くらいかかったのにたらーっ(汗)
ちゃんと道ってあったんだね〜目


続いてオレンジロードへ向かう!!


orennjiro-do.jpg
↑到着!!他ライダー多数。

ここもそんなに時間が掛からず着いてしまった。
峠の走り屋って感じのライダーが何人かいた。ほー目
リッターバイクもあったみたいで。

ここで走り屋たちを見ながら、今回の仲間たちがアタック開始!!どんっ(衝撃)
バハでアタックしたけど、曲がりきれずに溝にハマってコケました…モバQ

ノーマルで走った感想は…
・60km/h以上出た
・バハは割と倒せる
・ノーマスのタイヤでも滑る感じは無かった
・登坂でスピード落ちる
・スピード+バンク角深くするとリアサスが弾む

こんな感じ?
posted by 高千穂の残党 at 00:00| 熊本 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

菊池

先日の日曜日晴れ
 
AM9:40。
今からオイル交換するぞ!手(グー)
んで、昼からは適当に菊池方面でも走るか。 
 
 
と準備していると、もっちゃんさんからメールが。
 
 
メ『菊池に来てるから武光公の墓とか行かない?』
 
 
マジですか!?行きて〜な〜!!
 
もっちゃんさんって菊池に詳しい人!
ついでに色々案内してもらっちゃお〜手(グー)
 
 
ってことでオイル交換は明日にして、急きょ菊池へ向かうモバQ
 
 
 
kikutigawa  3 .11.jpg
↑途中の菊池川
 
晴れていて景色よかった!!なんか川の色もいい!
 
実はこの場所、何度もブログに載っけてます。年々綺麗になってる。
 
 
 
河川敷を抜けると、すぐ菊池市街に入る。
 
手頃な花屋を探して(さかき)を購入。一応、墓に行くんでね。
 
 
メールから1時間後、もっちゃんさんと合流!!
 
も『まずどこ行く?』
く『一番近いところから手(グー)
も『じゃあ武重いく?』
く『武重!!』
 
ってことで、武重公の墓へ〜!!モバQ
 
 
 
2分くらいで到着。
 
HIMG0003.JPG
菊池武重公の墓
 
菊池家第十三代当主。
 
箱根・竹之下の戦いで、2mほどの竹に小刀を結わえた兵器を発案。
この1,000の兵で、猛将足利義直3,000の兵を撃退。
 
この時の活躍・新兵器が菊池千本槍といわれる。
 
 
すごい人物です。 
墓前に榊を供えて、次の目的地へ!!
 
 
 
3分くらいで到着! 
 
kikutitakemitu haka.JPG
菊池武光公の墓
 
菊池家第十五代当主。
 
たぶん、菊池氏の中ではこの人が一番有名。武勇伝も多い。
 
この人が川で刀の血糊を洗った場所が、福岡の大刀洗町
そして高千穂・三田井氏の家宝になった刀・蛍丸もこの人の所持品。
 
 
榊を供えたかったけど、どうやら手を出してはいけない様子だった。
きっと本家か一族の人が管理してるんだろうね。
 
しかも正観寺という寺の敷地内だし、檀家さんの墓もあるし。
 
 
写真だけ撮って、次の場所へ!!
 
 
 
3分くらいで到着!!
 
kikutitakemituzou.JPG
↑さっきの菊池武光公の像
 
この風景。知ってる人は知ってますね〜わーい(嬉しい顔)
 
だってここ、アレだもん。
 
浅見光彦シリーズ第21弾 熊本・菊池伝説殺人事件』 のロケ地。
フジテレビね。
 
 
kikutitakemitu appu.JPG 
↑像のアップ
 
ずげー!カッコいい!!デカイし!!
 
 
kikuti kenndou oozu.JPG
↑練習
 
横では学生が剣道の練習。隣りの体育館で試合があってたみたい。
 
僕が剣道現役の頃も、ここ菊池での試合が多かった。
 
 
菊池ってかっけーな〜!!次の場所へ!!
 
 
 
徒歩で到着。
 
jinnja torii.JPG 
↑菊池神社の鳥居
 
菊池神社。ものすごい敷地がでかい…
 
んん〜ん…高千穂神社・天岩戸神社より大きいかもなぁ。
 
 
kikutihonnjouato.JPG 
↑本城址
 
この場所はもともと菊池氏拠点のがあった。
 
ここを中心に、周りに十八の城で築いて堅固な防衛線を貼っていた。
それらの城を菊池十八外城といいます。
 
 
そしてこの中の資料館へ!!実はこれこそが最大の目的。
 
…でも館内撮影禁止だったので写真はありません。
 
甲冑とか太刀とか、貴重な物を拝見しました。
菊池千本槍の実物も見れたし!わーい(嬉しい顔)ずっと見たかった。
 
30分くらい資料館にいた。
 
 
んで、お土産屋で手作り羊羹と菊池神社御神紋入りのを買う。
 
観光案内センターでひな飾りを堪能。もっちゃんさんの本名がバレる。
 
 
面白かった!次の場所へ!!
 
 
 
15分くらい走行で到着。
 
ryuumonndamu.JPG 
↑龍門ダム
 
字の如く、ダム建設前は龍門という地区だったらしい。
 
なんと竜神伝説の息づくこの地。
ダムの下の方に竜神を祭るの神社があります。
 
雄竜を雌竜が生息していたとか…
ダムに沈んだのが残念に思われますが、幾多の水害に遭っていたようです。
 
 
ここのお土産館に入ってみるが、とくに欲しい物がなく外に出る。
 
すると水の博物館みたいなのがあったので入る。
 
…面白いかも!
もっちゃんさんは退屈そうなのか遊んでいるのか分からなかった!笑
 
写真撮ればよかったな。 
 
 
 
と、ここでもっちゃんさんのケータイに帰宅コールが。
 
 
ryuumonn nidai.JPG
↑記念撮影
 
手前はもっちゃんさんの頭です〜ここで解散しました。
 
今度こそこれが最後のツーリングだと思う。
 
 
 
もっちゃんさんありがとうございました〜わーい(嬉しい顔)またよろしくな!!!
 
次は鹿児島/知覧ですよ!一ヵ月後ね!!
posted by 高千穂の残党 at 22:43| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

ブロクラin鹿島

曇りの日曜日曇り
 
少し寝坊してAM7:00に起きた。
寝たのはAM2:30。ちと寝不足かも…走行に差し支えないといいけど。
 
待ち合わせは前回の生月ツーと同じセブン。自宅から20分。
空気圧だけ調整して、ササッと車体を拭く。
 
自宅を急いで出発!
 
 
 
セブンに到着するともっちゃんさんがカブCをキレイにしていた
 
く『ちわ〜手(パー)
も『洗う時間なかったから今拭いてんのわーい(嬉しい顔)
 
現地では一人一人の写真撮影があります。
モンキーもキレイにしておくべきだったけど、時間がなかった
(前回と同じくここで写真撮るの忘れた)
 
お互い朝メシは食べてきたので何も買わなかった。
ルートを確認して、早々とセブンを発つ。
 
 
 
田舎の地域を走る。
 
道祖神がちらほら。どこを見ても山と乾いた田んぼが… 
 
そんな土地の中を走るのもこの旅の醍醐味ですね〜寒くなければ。
 
 
 
burokura in kasima nankan@1.jpg 
↑南関のセブンで休憩
 
45分くらいの走行でまず休憩。

ううーん。手がかじかんで…てか風強いし冷たいな!
曇りだから太陽は出てないのも残念。


 
 
burokura in kasima nankan2.jpg 
↑カブCのリアボックスの後ろに誰か隠れてますねー?笑
 
トイレを済ませて、地図を確認したり、ケータイ動画の設定したり。
しばらくゆっくりしてましたね。
 
さぁ〜寒いの我慢してまた出発!
 


九州を北に向かって進むことがあんまりないので、
走行中は常にキョロキョロしっ放し。運転に集中できない。

走行中に写真撮れたらいいんだけどね〜死にますカメラ
 
 


山川町に入る。

すると、対向車線に(もどきっぽい)に遭遇!
途切れ途切れだったけど、それこそ二十数人はいたかな。
 
バイクの先っちょに旗つけてる奴いましたよ。
なんかしらんけど日本海軍の旗。
 
この土地の産物・山川みかんが店に並んでて、ちょっと買いたかった。
 
 
 
福岡県に進入する。

 

福岡県警仕様のカブを発見!ポリスカブ?
そういえば前回も見たな。
 
も『時間があるから佐賀空港とか行かない?手(グー)
く『あ!行きたい行きたい!お土産!』
(フルフェイスになったから会話がやりにくかった)
 
ってことで鹿島へ行く途中に佐賀空港へ。幸い同じルート。
 
“広域農道”みたいな所へ入ると、後続車も対向も少なくなった…
 
すると、ここでもっちゃんさんがいよいよ大胆な行動を開始!!
 
 

↑フラッフラしながら撮影!笑
 
一応スピード出てますからね! 
シールド換えときゃよかったな〜最後の方に変な声が!
 
 


↑こっちから撮影。
 
背後からこっそり近づいて撮っていると…右手に注目!!目
 
ハンドカバーがついていますが、よくみると分かります。
急激にスピード落としてます!!
 
おかげで最後の方ぐらんぐらんですよ。
 
 
そのまま空港へ突っ走ります!
 
 
sagakuukou baiku.bmp  
↑空港の駐車場
ここでまたもやもっちゃんさんがやらかします。


なんとモトモトキーホルダーを紛失!!

どうやら走行中に落としたらしい。
 
一応辺りを探してはみたものの、見当たらず…もっちゃんさん無念!!
でもドライバーのキーホルダーが失くならなくてよかったな〜
 
とりあえず暖かそうな空港内に避難する。
そういえば、この佐賀空港って熊本空港よりもだいぶスケールが小さい。
  
 
sagakuukou kaiga.jpg 
↑飾ってあった絵画
 
この空港内でこれしか写真を撮っていなかったのが残念。
土産選びで忙しかった…笑
 
ここで、僕は念願の嬉野茶を購入。
もっちゃんさんも悲願の小城羊羹(おぎようかん)を入手!
 
ちょっとウロウロして回って、すっかり温まってから外に出る。
 
 
sagakuukou hikouki.jpg 
↑ANK
 
せっかくなので旅客機B−767を!
 
…と思ったんですが、すでに飛んだ後でした。
写真はちっこいプロペラ機。  
 
んんーん。空港はなんとなく面白かった!
 
じゃあまた出発!
 
 
 
ここからはノンストップで目的地・道の駅鹿島に向かうことに。
少し早めの到着になるけど、向こうで昼食とってたら丁度よくなるかも。
 
もっちゃんさんを先頭に、走る…
 
走る…
 
走る…
 
と、しだいに数人組みのライダーの姿がちらほら。
みんなデカイな…原付もちゃんと来んのかな。
 
途中に干潟体験という看板があった。
佐賀空港で知ったんだけど、その干潟を活かして
この地の名物としてガタスキーてのがあるみたい。干潟でソリに乗るらしい。
 
走る…
 
走る…
 
到着!!
 
 
 
mitinoeki-kasima.jpg 
↑目の前はレストランむつごろう
 
いやーしかしライダーの多いこと!!
 
デカくてレーシーな中に、ちっこいノーマルモンキーは浮きまくり。
 
もっちゃんさんが、合流するまっつんさんに連絡を入れる。
 
昼食を取りながら待つことに。レストランの中へ!
 
 
店名の通りに『むつごろう定食』なるものが。
きっとここの名物なんだろうけど、ちと高い。1200円だった。
 
食べるのが目的じゃないんでね、ここは2人ともうどん420円を注文。
 
注文して待っていると、もっちゃんさんが本棚でバイクブロスを発見!!
2年前にここでミーティングがあったらしく、当時の写真が載ってた。
 
 
しかしなんだ…注文してからすげー時間が経ってるな。
ひたすらうどんを待つ。
 
展望台から有明海を一望できたので、望遠鏡を覗いたり。
『海の生き物』みたいな本を読んだり。
もっちゃんさんはずっとバイクブロスを見てた。
ふむふむ。アメリカンが好きだったのか〜目
 
30分くらい経ってようやくうどんが到着!
でも、もうまっつんさんが到着したとのことで急いで食べた。
 
さて、いよいよ会場へ!!
 
 
burokura in kasima kaijou.jpg 
↑うわ〜男だらけだな!
 
ざっと200人。
『多くても80人くらいだろ』とナメていたのでびっくりです…
 
まっつんさんと合流。
もっちゃんさんと同じくカブ。グリーンのカブ90でしたよね?
 
紙に記入して、並んで、ぱぱぱっと写真撮影。
 
いましたよ!猿軍団!!
モンキー・ゴリラ・エイプの集まりでした。6人くらいだったけど。
 
 
もっちゃんさんとまっつんさんがしきりに気にしていたのが、カブ。
他にカブの参加者はいないのか?ということです。
 
 
 
burokura in kasima ariakekai.jpg 
↑有明海
 
そういえば、会場のライダーのヘルメットを見ていると気付く。
アライのラパイドSRを使ってる人が多かった。
スーパーバンディットも一人いました。物好きだな。
 
写真を撮り終えてるんだけど、次のじゃんけん大会までヒマな時間が。
 
もっちゃんさんとまっつんさんが『カブを探しに行く』という。
僕もついていきました。ノーマル原付を探しに。
 
 
カブはなかなか見つからず。いない!という結論になった。
ノーマル原付はいましたよ!!ブルーのRZ50でした。いいね〜わーい(嬉しい顔)
 
もっちゃんさんは停めてあったハコスカってやつにもう興味津々。
まっつんさんはデジカメで何か撮ってましたね。バイク?
 
 
そして、大枠争奪・じゃんけん大会が勃発!!どんっ(衝撃)
 
僕ともっちゃんさんは早々に脱落…しかしまっつんさんが健闘!!
最後の方で敗れてしいましたが。おしかったなー
 
あっという間だったけど、じゃんけんとか久し振り。
 
さ。帰ろう。
 
 
 
バイクのところへ戻るとまだ14:30だった。
 
も『次、どこ行く?』
く『んんーん。どこ行こうかな…』
 
次の行動予定を考えていなかった
結論が出ないまま10分くらい地図を睨む。
 
く『唐津バーガー…手(グー)
も『笑!今から唐津行くね!?帰り遅くなるよ』
ま『こっちは帰り道だからいいけど、帰りツライくない?遠回りで』
 
ということで、次なる目的地は冗談で言ってみた唐津に決定!!
 
 
ここは唐津出身のまっつんさんに先導願います。
 
僕はもっちゃんさんとまっつんさんの間で走ります。
一番小さい排気量は2人の足手まといです。
 
走る…
 
走る…
 
走る…
 
 
到着!!
 
なんか松の木が多くね!?
 
 
nijinobatubara.jpg 
↑虹の松原
 
距離にして4キロ、約240haにわたり広がる松原。
ここを虹の松原というようです。ちょっと感動。
 
平家物語の『粟の松原』を連想しましたが、こんな感じ?
この景色で観光客がなければ、日本の幕藩体制を偲べますよ。
 
いや。ほんと人が多かったな。観光バスもあったし。
その影響か、ある一帯には無数のゴミが散乱…
 
 
話しが反れてしまいましたが目
 
上写真は目的である『唐津バーガー』のお店がある場所でもあります。
 
 
karatuba-ga-.jpg
↑唐津バーガー/スペシャルを注文
 
マックにもこんな美味いバーガー売ってませんよ!!オススメです!!
 
外のパンがまず違う。外側カリカリしてて、しっとりしてて、絶妙。
そこにオリジナルなソースが最高でした。
 
まっつんさんのご厚意で、おごってもらいそうになった。
でも今回の旅できっと会う機会もなくなるでしょうから、ここは貸しはナシに。
 
おいしかった。ごちそうさま!
 
 
この後、2人を待たせて単独で別の駐車場にあるトイレへ。
 
やはり観光客が…交通量の多い道路を無造作に横断してる。
お土産屋があったので立ち寄ります。
 
小城羊羹(おぎようかん)』と『松露饅頭(しょうろまんじゅう)』を購入。
(最後に写真載せときます)
 
だいぶ時間が経ったので、急いで2人が待つ元の駐車場へ。
するとメンバーが増えていました。誰???
まっつんさんの地元のお仲間らしい。こ、こんにちワ…ふらふら 
 
一人はカブ、もう一人はゴリラオーナーの方でした。
 
ナンバープレートの話しとかして、ここで熊本勢と佐賀勢とで解散!!
ばいばいまっつんさんわーい(嬉しい顔)
 
 
 
帰りの走行も面白かった。もっちゃんさんが道に迷ってました〜。
いや。まかせっきりの僕のせいなんですけどねモバQ
 
面白かったんだけど、ツラかったのはすごく眠かったこと眠い(睡眠)
前日の寝不足が…
 
1秒2秒は寝ながらの空走距離があったはずです。危険極まりないどんっ(衝撃)
てか、何度かヒヤっとした瞬間がありましたがく〜(落胆した顔)
思い出しただけでも眠くなる…眠い(睡眠)
 
もっちゃんさんは『手が冷たい!』って言ってましたね〜。 
 
ついにあまりの眠さに、コンビニで休憩。
 
 
nijinomatubara.jpg
↑もっちゃんさんね
 
Fフォークのグラグラ感を診てもらいました。
 
 
実はここで、地元の男性に声をかけられました。
もっちゃんさんがトイレに行っている間に。 
 
男『ツーリングですか〜?わーい(嬉しい顔)
く『そうなんですよ。鹿島と唐津に行ってました手(グー)
男『へぇ〜、実は自分もバイク好きとですよ』
 
この男性、実は色々なところでレースをしていた経験があるつわもの。
大きいバイクにも乗っていたものの、現在はカブが一番良いとか。
 
この旅で待ち望んでいたカブオーナーです!
ここでもっちゃんさんがトイレから帰ってくる。
もちろん、カブオーナー同士の会話ははずみますよね。
 
男『でもカブはブレーキの効かんですもんね〜』とか。
も『カスタムだけはFのブレーキが違うんですよ』とか。
なんかブレーキの話してたっけ。
 
こういう人に会うっていうのも、共通の趣味があってのものですね。
20〜30代の気さくな兄ちゃんでしたわーい(嬉しい顔)さよなら!
 
 
また走り出してからも、やっぱり眠い…眠い(睡眠)
目の下にメンタームを塗るといいって聞いてたけど、まったく効果ナシ!むかっ(怒り)
 
また何度もヒヤっとする瞬間に遭いました。
もっちゃんさんが先頭を走ってくれていなかたらどうなっていたことか。 
 
 
最後に南関のコンビニへ寄って、1時間ほど走り抜いて解散しました。
今回はホントありがとうぴかぴか(新しい)もっちゃんさんぴかぴか(新しい)
 
今度は鹿児島行きましょね!!笑
 
 
 
 
虹の松原で買ったお土産。
 
 
ogiyoukann.jpg
↑小城羊羹(おぎようかん)柔タイプ
 
おかしいな…思ってたのと違う。
まさか、もっちゃんさんが前に間違って購入しいた羊羹では!?
 
店のおばちゃんが『柔らかいの固いのがありますよ〜わーい(嬉しい顔)』って言ってた。
僕が欲しかったのはたぶん固い方だったんだな…
 
美味しかった!あんこだからお茶必須手(チョキ)
 
 
 
o-harasyouromannjuu.jpg
↑大原松露饅頭(しょうろまんじゅう)
 
分かりやすいように切ってみた。 
きめ細かいこしあんをカステラ生地で包んであります。
 
これは家では好評でした!!お茶と食べたらたまりませんよ手(チョキ)ぴかぴか(新しい)
 
 
 
 
これで今回のブロクラin道の駅鹿島の旅は終了。
 
就職前の最後の旅だったけど、もっちゃんさんのおかげで相当おもしろかった手(パー)ぴかぴか(新しい)
是非また行きましょうね。
posted by 高千穂の残党 at 23:33| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

生月島の記録

去年12月から企画していた旅。
本来は1月5日と決めていたのだが天候が悪く、あえなく延期。

もっちゃんさんと僕との都合で13日となった。
なので集合場所と時間は早くから『セブンに7時!』と決まっていた。



当日、心配していた通り天気は曇り。

そして、朝6時30分に起きてしまった。寝坊!

セブンまでは軽く20分は掛かる…
速攻で準備して自宅を出発。もちろん朝ゴハン抜き!



家を出て5分も経たないうちに体が芯まで冷たくなった。
「終わったなコレ…マジ寒い。こんな絶対ムリて…」

まだ集合場所にも着かないうちにベイルアウト寸前。



なんとか7時1分くらいにセブンに到着。
当然もっちゃんさんが先に着いていて10分ほど待っていたようだった。

(もっちゃんさんと待ち合わせるといつも待たせてるな。すみません…)

ここで写真あったらよかったんだけど
寒さで手が動かない、てか動きたくなかったので撮ってません。

もともと低いテンションが寒さでもっと低くなり、挨拶も微妙な感じにしてしまったたらーっ(汗)

ここでもっちゃんさんから驚愕の事実を知らされる。

も『向こうで2人合流すると思うからわーい(嬉しい顔)
W『え?ホントですか??』

いつの間に!!
でも人数は多い方がやっぱ楽しいだろうな〜!

ちょっと元気が出てきた所で、改めて出発!!
『うひゃ〜!寒い!!』



走り出すこと50分、急きょ弁当屋の駐車場(岱明町)で休憩。

もっちゃんさんの愛車カブCが不調。
信号待ちでアイドル状態になる度にエンストしてた。

もっちゃんさんはリアボックスから工具を取り出して、カチャカチャと手際よく修理。
パワフィルをファンネルに換えて、調子が戻ったみたいわーい(嬉しい顔)

原因は外気温の低さと、あとなんか『濃い』とか言ってた。
(ちゃんと説明してもらったんだけど、難しくて分かりませんでしたたらーっ(汗)すみません〜…)

セブンで買ったぬるいお茶飲んで、また出発!


が、向こうでもっちゃんさんのお仲間2人と落ち合う時間に間に合わない事に気付く。

カブCとモンキーで爆走!!



070113_0942~01.jpg
↑初写真!!ツーショットのはずが、白い車が一瞬で入り込んだ。

たしか写真は3回目くらいのセブンでの休憩。大牟田かな?
(これまでの走行はあまりに寒く地獄だったので省略します)

その前にもっちゃんさんは肉まんをおごってくれた。イイ男!

ちょっと休んだら、また爆走!!



そしてついに問題の峠越え。

戸坂峠、これを越えれば伊万里市に突入。

も『前を走るなら後ろからムービー撮ってやるよわーい(嬉しい顔)
W『ずっと真っ直ぐですよね?なら前行こう〜っと』

って事で、今までずっと前を走ってもらっていたもっちゃんさんと交代。



↑ホントに撮ってた!笑

最後に頭を下げてる様子が我ながらアホです。

撮るタイミング知ってたらちゃんとピーンて背筋伸ばしてたかも。


そんなこんなんで峠は終了。
思っていたほどではなく、広く整備された道でアップダウンも少なかった気がする。



070113_1123~01.jpg
↑伊万里市のローソンで休憩

もっちゃんさんくらい厚着して来ないと死んでしまいます、この寒さ。

僕はユニクロのダウンにユニクロのジーンズというナメた格好でした。

この時はもう昼前だったので気温は落ち着いていましたが…連続走行は寒い。



070113_1135~01.jpg
↑初の給油。伊万里の九州石油

奥にもっちゃんさんが見える。

ここまでで100キロ軽く越えてたはずだけど、2.3リッターしか使っていなかった。
やっぱ原付いいよね。

ここから一気に待ち合わせの平戸市へ。爆走!



平戸のどこだっけ?知らない場所だったから分からないけど、合流。

もっちゃんさんのカブ仲間でたけぼうさんまっつんさんと会う。

W『こ、こんにちワ…』

かなりテンション低くて微妙なファーストコンタクト。

しかもカブ仲間3人で難しい話しをしていた…バイクの話しだとは分かった。

お二人のカブ、特にたけぼうさんのカブはもはやカブではなかった。
エイプ+YB−1みたいな。カッコいい。

僕らの到着が遅くて2人は2時間も待っていたらしい。すみません!


僕も朝飯・昼飯を抜いていたのでお腹減ってた。

急いであったかいラーメン食べいこ!生月島に進入!!



070113_1350~01??.jpg
↑生月島『大氣圏』の駐車場

4台もあれば堂々と車の場所取れる手(チョキ)

しかも後ろの2台は原付二種です!!

お店に入る前にまっつんさんがボソっと…

大氣圏突入?

笑!



070113_1327~01.jpg
↑アゴだしラーメン!(大盛り)

ありえね〜!!ってくらい美味い!ぴかぴか(新しい)

たけぼうさんも美味いって言ってた。

もっちゃんさんは食べるの早かった!笑

まっつんさんはダンバインの話ししてた!

このラーメンほんとにいいよ。熊本勢も佐賀勢も納得の味でした。

ごちそうさま!普通盛りは¥600。

隣りのお土産屋で“あごクッキー”を購入。
ほんのり焼き魚の味がする…なのにおいしかった!

(ちなみな『アゴ』とは『トビウオ』のこと)



070113_1355~01.jpg
↑平戸と生月島とを結ぶ『生月大橋』

『生月大橋 道の駅』からのショット。

お土産もあって、“くじらまんじゅう”を購入。

店のチルド棚には“クジラ”生肉を売ってた!やっぱり高い。



さぁ、この後は生月島を走り回ります。

070113_1432~01.jpg

二種であるたけぞうさんとまっつんさん速い。

なのでもっちゃんさんがまたもや先頭。僕は素人なので2番目に。

だが、さすが島だけにアップダウンが激しい!
上り坂ではドノーマルのモンキーは前回で20キロまで落ちる。
もっちゃんさんのカブCも若干落ちる。

後ろの2人に気を遣わせながら走ってました。
まっつんさんいわく、普段はやっぱり60キロで巡航らしい。

上の写真は途中の駐車ポイントで撮影。

もっと先に灯台があるらしいので、レッツゴー!

モンキーのエンジンを掛ける。テケテケテケ…(エンジン音)

た『よか〜。静かなのクリーンそうで。よか〜』

笑!
確かに皆さんのマフラー音、気持ちいいくらいデカイです。

そんな中でモンキーは情けなかった。



070113_1457~01.jpg
↑灯台に到着!!

ちゃんと漢字で書くと『大碆鼻灯台』です。

ここから望む断崖絶壁がすごい高い怖い!

ま『ここ絶対、船越英一郎きてるよ』

笑!

ここで風の冷たさと灯台ならではの雰囲気を堪能。

やっぱり灯台はいいポイントだそうです。



070113_1456~01.jpg
↑灯台から望む島

バイクに戻って、次の行き先を決める。

だが、なかなか決まらない。

たけぼうさんはしきりに『うちに泊まれ』って言ってた。笑

佐賀・唐津市へ言って唐津バーガーという案も出たが、
熊本勢には帰りが辛いだろうという事で廃案。


も『どこ通って帰ろうか?行きたいとこない?』
W『う〜ん…松浦水軍』
た『あ〜、水軍あったねぇ。ロードパークって』
ま『あそこの兜とバイク一緒に撮りたいかも』

って事で、松浦水軍の大きな兜像がある“道路公園”に決まり。


民家が立ち並ぶ生月の町中を通って、だいたい一週。

そして生月島を後にする。

さよなら生月!たぶんまた来るよ!

そういえば、橋を渡るときに通行料がいるんだけど
先頭のもっちゃんさんが全部まとめて出してくれてた。僕お金返してない。



松浦水軍へ行く途中に昭和シェルにて給油。

ノーマルのくせに『カードでハイオク満タン』。
店員のじいちゃんが『ハイオクでよかとね!』と何回も確認していた。

と、ここでたけぼうさんが家の都合で帰ることに。

その時に名前聞かれて、普通に苗字言っちゃったよ。
しかも聞きなれない苗字だったみたいで困惑してた。短時間だったしな。

すみません〜、今度また会う機会があったらちゃんと言いますね。


という事で3人で松浦水軍へ。



070113_1641~01.jpg
↑でかすぎ!!でもこういうの好き

“道路公園”っていう休憩所みたいな所なんだけど、立派なモニュメント。

<松浦水軍>

正式には松浦党
平安時代から戦国時代に肥前松浦地方で組織された武士団の連合。水軍として有名。

他に、水軍としては瀬戸内の“村上水軍”が有名ですね。

うちのご先祖とはあまり敵対関係も交友関係もなかったようです。



070113_1644~01.jpg
↑兜の近くから3台を撮影

まっつんさんはすごく兜を撮ってた。デジカメで。

そのあと少しおしゃべり。

もっちゃんさんとまっつんさんはすごくカブで話してた。


和やかな雰囲気の中、ハプニング発生!

もっちゃんさんのメガネが2つに割れた!!!


も『メガネも壊れたことだし、もう帰ろっかなぁ』

って事でお開き。


途中まで3人で帰って、まっつんさんと別れる。おつかれ〜って。


この後はもっちゃんさんと爆走。でも暴走はしなかった。

とにかく夜になるとまた寒くなって、ひたすら走った。

走る…

走る…

走る…

途中で何度か休憩もするんだけど、走っていた方が寒くない。

もう寒さの末期症状だった。


リンガーハットで皿うどんと、もっちゃんさんはちゃんぽん。
カスタムについて話す。


そんなこんなんで、家に帰り着いたのがPM11時50分。
16時間くらいの旅。

ずっと寒かったけど、それ以上に面白かったし楽しかった。
マスツーリングならではなのかも。


もっちゃんさん、また企画してどっかいきましょうね。
posted by 高千穂の残党 at 00:21| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

河内町

この日、夕方4時から時間ができたわーい(嬉しい顔)

この間からもう一度行こうと思っていた“金峰山”へ行くことに。

前回行った時には、金峰山から海が見えました目

なので今回の目的は『海で夕日を見る!』です。間に合えばいいんだけど。


熊本市街地から山道を通って、1時間半ほどで金峰山の麓に到着。

そこから天水町方面に3キロ進むと…


070109_1634~01.jpg
↑こんな看板が!

そうです、ここは武蔵が五輪書を記した霊厳洞があります。

ちょっと気になったので、坂を1キロほど3速と半クラを使いながら登っていくと…


070109_1639~01.jpg
↑白い武蔵像が!(ちょい顔こわい)

“岩戸の里公園”につきました。
この先から歩いて霊厳洞へ行けるみたいです。


でも今回の目的はあくまで海!
気になる所ですが、ここはスルーです。また後日。


日も暮れ始めて気温も下がってきた…日没に間に合うか!?


070109_1647~01.jpg
↑みかん畑

相変わらず、この町はみかん畑が多いです。


070109_1651~01.jpg
↑町並みの向こうの山は全てみかん畑

でもこんな風景が『また来たいな…』と思わせます。

あんまり見られませんからね、こういった場所。


もう暗くなってきた…海岸へ急げ〜!


070109_1705~03.jpg
↑なんとか間に合いました

まだ日が沈むよりは早かったみたいでした。

高千穂や菊陽で育ってきた僕は、海にはまったく縁がありませんでした。
なので海を見ただけで興奮してきて『来てよかったーわーい(嬉しい顔)』と思うわけです。


070109_1705~01.jpg
↑堤防から望む海

あれ?ここから見る海は何ていう海なんだ?有明海?

急きょ思い付いたこの旅、だいたいがルーズなので海の名称もわかりません。


070109_1705~02.jpg
↑ようやく見れた夕日

コーヒーを飲みながらくつろいでいると、向こうから自転車に乗ったじいちゃんがゆ〜っくり登場。

W 『こんにちわ』
じ 『はいこんにちは〜。今日はいい天気ですねぇ〜』
W 『はい』
じ 『ん〜、いい夕日だ』

そう言って去っていきました。
たしかに、いい夕日で眩しかったです。


070109_1707~02.jpg
↑じいちゃんもしばらく夕日を見ていた



さて、ここから日が沈んでからが地獄でした…寒い!!

3回ほどコンビニで暖まりながら帰りました。
長時間1つのコンビニにいたので店員は変な人だと思ったでしょうね。

気温が一気に低くなって、家に帰りついた頃には2℃まで下がっていました。



危うく凍死するところだったけど、この寒さも醍醐味というもの…。

モンキーもトラブルなく走ってくれました。


また時間ができた時には、次は宮本武蔵の旅で決まりかな。
posted by 高千穂の残党 at 12:06| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

金峰山

今日は夕方3時には用事が済んだので夜までぶらり旅。


前から訪れてみたかった温泉がある山鹿市へ行ってみるか!

(頭に灯篭を乗せた女性が踊る“山鹿灯篭まつり”で熊本では有名な場所。)

d37dbc152bcea294f7e72549b637ad4ae0000000000000186448fevef.JPG

実際、灯篭踊り姿の女性は無条件にぴかぴか(新しい)キレイカワイイぴかぴか(新しい)です。
(写真の子たちはまだ若いようですけど)

だから山鹿にはちょっとした憧れがあったりします。笑



そんな不健全な事を考えながら走行していると、道に迷いました…。



061226_1556~01.jpg
ここどこだよ…

いつの間にか山道に入ってしまった。


061226_1555~01.jpg
しかもトンネル工事してる。

ちゃっかり記念撮影。
(だってトンネル作ってるとこなんて初めて見たからね…)

中からは絶えず重機のような“ゴンゴンゴンゴン…省略”という音が聞こえます。



ここがどこだかよく分からないけど、とりあえず先へ進みます。

お地蔵様が数箇所に点在してたり、『日露戦役××碑』と刻まれた石碑があったり。

集落というか、山村というか。

でも電柱の表記を見る限りはここはまだ熊本市のよう。



既に山鹿には関係ない道だと勘付いていたものの、お構いなしに進みます。
もともとノープランのぶらりだし。


灯篭踊りの人って独身女性だからなぁ〜、やっぱ女性見たさに来る男って多いんだろうな。行ったことないけど。


まだ灯篭娘な事を考えているうちに、大きな看板を発見。

061226_1605~01.jpg
え??

ここ金峰山なの??

『金峰山・きんぽうざん』とは熊本市にある有名(?)な山。
なので熊本市の小学校などはよくこの山に遠足があるみたいです。

たしか近くには霊厳洞があるって聞いた事がある(晩年の宮本武蔵が五輪の書を記した場所)。

気ままにぶらり、こうなったら金峰山を登るしかありません。

金峰山に向かって出発!


061226_1610~01.jpg

4速で登っていけるような坂が延々続きます。

それにしても絶景ですよ!

写真には収めていませんが、風景・眺めは素晴らしいです。

意外と車が通るが…でも邪魔にはされない程度でこちらもイライラしません。


景色はほんとに最高ですよ。

061226_1617~01.jpg
坂を越え民家の集まりのような場所を過ぎると、ようやく案内標識が出ました。

目標はこのまままっすぐだな。
(山鹿市とは正反対の方向に来ていた事がここで確定。)


案内標識から下ってすぐ、観光ポイントのような場所が。

061226_1619~01.jpg

なにやら気になったものの、残り燃料の事を考えてあまり寄り道しないように。

また今度来た時の楽しみに取っておこう。

という事でここはパスです。


061226_1621~01.jpg

ここから先も4速で登っていけるような坂道が続きます。走り続けます。

また撮り逃しているのですが絶景が続きます。

なんといってもこのコースがバイクにはたまらない!


061226_1626~01.jpg
なんだか見たことあるような景色だけど…

そうそう!ミカンの木がいっぱいなんですね、これは。

金峰山の周りってミカンの栽培が盛んなのか?知らなかった。

すると、それを証明するかのように道端にミカンがコロコロ転がってましたよ。

061226_1629~02.jpg
ミカンとのコラボ。

僕はミカンの中では和歌山県産の“有田みかん”が好きです。甘いですよ。

これは何みかん?


この先は軽く下りが続いて、案内標識が出ました。

061226_1633~01.jpg
え??

ここ河内じゃん!!

じゃあミカン畑がいっぱいなワケですよ!
(熊本みかんと言ったら“河内みかん”ですから)

なになに?『峠の茶屋公園』?

この先に茶屋があるのか?これは行ってみなきゃ損でしょ!!


案内の通りに真っ直ぐ行くと…

061226_1635~01.jpg
見えました、茶屋公園!

トイレ休憩と何か買おうかな〜とか考えながら駐輪場へ。


061226_1636~01.jpg
と思ったらロープがしてあった。

なんだよ〜休みかよ。

計画性の無いルーズな旅にはこういう事は多々あります。



気を取り直して、再び金峰山の頂上へ出発!!

茶屋入り口から道路へ出ようとしたところ、ある看板が目についた。

061226_1636~02.jpg

なかなかインパクトがありますね…

しかも方言だから親しみやすい?



少し道を戻って金峰山の入り口へ向かいます。

ふと野菜と果物を売っているお店を見ると河内みかんに『\200』の値札が。

061226_1644~01.jpg
“山口園”さんにて↑

30個くらい入ったネット入りの河内みかんを¥300で購入。

店主さんが『かわいいバイクね〜、50cc?』と話しかけてこられました。



ここに来た時点で燃料なくなり、リザーブに切り替えます。

ちょっと帰りまでの距離が危ぶまれたので頂上までの登山は中止。


それから天水町→玉名市→玉東町→植木町→合志市を通って帰宅。

帰りはずっと大きな道を通っていたので結構疲れた…

帰宅ラッシュで混雑するわ、後ろから煽られるわで…



まぁ何だかんだで結構良いぶらりだった。
自分は「モンキー病」なのだと実感することができた。
また時間があれば、もう一度このルートを走って金峰山を目指したい。
posted by 高千穂の残党 at 23:32| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。