2007年01月03日

初詣

さて本日、ようやく初詣ができました。

去年までは家の近所の神社へ行っていたのですが、今年は少し遠出です。


目標地:甲斐神社(足手荒神)
所 在:熊本県上益城郡嘉島町上六嘉
目 的:参拝、御守入手、おみくじ、他

片道は約1時間半くらい。



070103_1329~01.jpg
嘉島町の農道にて↑

主要道路は車が多いけど、農道はこっちのもんです。
ところどころ未舗装だけどモンキーの凹凸タイヤだから問答無用で走ります。

だが、小さい神社だから情報が少ない!場所もよくわからない!
探しているうちに道に迷う…

駐車場にいた若い警備員さんに道を尋ねたりして、ちょっと大変だった。



070103_1418~01.jpg
とりあえず鳥居を…↑

小さい神社なんだけど人は結構多かった!
なのでこういった場でケータイ片手にパシャパシャやるのは憚られたので、
神社内の写真はこの一枚だけです。汗


この神社は別名が“足手荒神(あしてこうじん)”と言います。

そこで逸話をひとつ…

(豊臣秀吉の九州征伐が終わってすぐ)
肥後国人一揆に加わった武将・甲斐宗立が戦に敗れ、
手足に深い傷を負っていた所を里人が手厚い看護をもてなす。
看病むなしく息を引き取るが、彼は死に際に

『己の亡き後、魂魄この世に留り子々孫々を見守り、手足に苦しむ者を救いやるであろう

と言い残したのが由来だそうです。


この神社では“絵馬”の代わりに“手型・足型”を奉納します。
つまり手の病は手型・足の病は足型に名前と願いを書いて、治りますようにと祈るんです。


実は、この甲斐宗立公はうちの御先祖に関わりのある人物(でしょう)。
初詣をここに選んだのはそういった事情もあります。



070103_2142~01.jpg
御守と由来書↑
(交通安全の御守が欲しかったのですが、なかったため厄除けの御守を。)

ここの神主さん(?)がいい人で
僕が神社の由来の看板をまじまじを見ていると、

『あ、由来書ですか?必要だったら差し上げますよ。ちょっと待っててください…』

と言ってどこかへ消え、
ちょっと贅沢な紙質の由来書をわざわざ持ってきて頂きました。



手足の守り神です。
手や足にお悩みのある方は参拝されてはいかがでしょうか?



前から来たかった場所だったし、来てよかったな〜。
2月に大祭があるそうなので行ってみなければ。

(実はこの前に“浮島神社”という綺麗な神社へ行っていますが写真が無いのでアップは見送ります…)
posted by 高千穂の残党 at 23:41| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 祖先の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は実家近くまで来てもらってすいませんでしたね。
明日は延期にしましたけど、トラブルで夜から五和行きになったので
半分ホッとしてます・・・
ドタキャンは悪いですからね(>.<)
あれからプチツー行ったのかな?

私も初詣で各神社行ってきましたし
おみくじひいたし、猪見たし(爆
甲斐神社も気になりますね〜
WINさんは良く知ってますね〜
Posted by もっちゃん実家 at 2007年01月04日 18:33
もちゃーんさんへ。

僕も色々とやる事があって思ったようにメンテできないので、
内心ホッとしているとこがありますよ…笑
てか、雨ふりませんねぇ〜?!
月額105円払ってるんだから天気ちゃんと予報してくれなきゃぁよ〜?

『はよ飯食わんね〜!』って事でプチツーは辞めにしました。
ちょっとヤボ用が多いのであれからなかなか行けないでいます…

あ〜あイノシシ見たかったな!!
足手荒神さん、手足の守り神だからツーリングで事故しないように祈るのもいいですね。
事故には気をつけましょうね。
Posted by WIN at 2007年01月05日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。