2006年06月27日

兄弟

大雨の被害が大きくなっています。

熊本県 山都町にて土砂崩れによる生き埋めが発生。

しかし90分後、無事に救助されたのでなによりでした♪



雨量が多く、今日はモンキーには乗っていません。

とりあえず
伸びたチェーン調整洗車グリスアップだけやっておきました。



ということで。
今日はゴリラとモンキーを見比べていました。

trbhsfrtbhsfrtbhsfrbhsfr.JPG
bndgnbdgndgggdn.JPG

そういえば、
モンキーは熊本ではよく見かけていますが(熊本市周辺)
ゴリラは一度も見た事がありません。

あんまり売れてないのかな…?

僕がモンキーを選んだ理由は、
単純に“見た目のかわいさ”です。

両方を見比べたとき、
タンクの形シートの形
モンキーの方が小振りで可愛いなと思いました。



しかし。
こうして見ているとゴリラも“ゴツかわいい”ように思えてくる…。

ゴリラもモンキーも、
これからもずっと販売され続けていって欲しいと思った一日でした。
posted by 高千穂の残党 at 01:52| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

雷雨

現在、熊本は雷雨です。

この様子じゃ…九州ではまた
土砂災害・河川氾濫などによる死傷者が出てしまいそうです。

そうならない事を祈ります。



さて。
モンキーは他の車種と違って
HONDA車の中でもとても特徴のあるバイクです。

その一つ、カラーリングについて。

03_l.jpg
これはモンキーのご先祖初代モンキーです。
歴代モンキーにはこの初代をモチーフとしたカラーリングが多いです。


30syuunenn.JPG
初代モデルをイメージした誕生30周年記念モデルです。
このシート欲しいなぁ…。


僕が乗っている06年モデルも初代のカラーに似てますね。


そしてモンキーは名車のカラーリングまで纏っちゃいます。


FTRmonki-.JPG
01年モデルは、FTRトリコロールカラーを再現しています。
みんなが欲しがったカラーリングですね。


dori-mu CB700Four.jpg
02年モデルではドリーム CB750Fのイメージカラーを採用。
カラー名は“パールコーラルリーフブルー”。


CBX400F.JPG
03年モデルにはCBX400Fのツートンカラーです。
このモンキー強そうですね…。


CB750F supennsa-.JPG
04年モデルではスーパーバイクで優勝した、
フレディー・スペンサーCB750Fのカラーリングです。



この他にも歴代モンキーには多彩なカラーリングが施されました。


しかし驚くべきは、
カラーリングだけで名車の特徴を再現しているところです。



これからもいろんなカラーのモンキーを発売し続けて欲しいです。













posted by 高千穂の残党 at 00:11| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

価値

何度も述べている事ですが、
僕は初め7万〜のスズキ・チョイノリと購入しようと考えていました。

なので、20万のモンキーを購入する際は
金銭面について結構悩み込んだものです。


チョイノリとモンキー。
どちらも紛れもなく原付で、排気量の変わりはありません。

vfsdjbfkl.JPG
monkeymonkey.JPG

しかし、エンジンの耐久性走行性能装備など。
これらを考慮して両者を比較した時、
いかにモンキーにコストがかかっているかが理解できます。

そもそもチョイノリは
コストパフォーマンスが売りですしね。

このチョイノリとモンキーとの価格の差
すぐに納得がいきます。




しかし。




これは一体どういう事でしょう。




¥420.000
kingfisher1.jpg

42万て!!!!

GARYFISHER(ゲイリー・フィッシャー)の2006年モデル、
KingFisher1(キングフィッシャー1)です。

この自転車1台で、
モンキー1台ゴリラ1台というお値段です。



しかし、
これはほんの序の口に過ぎません。

中には100万を越える高級スポーツ自転車も存在しますから。
海外ではそれ以上でしょうね…。



自転車は原則的に車道を走行しなければなりません。

もしも、通勤途中や練習中の
ロードレーサーMTB(マウンテンバイク)などのスポーツ車と接触した場合、
当然こちら(バイク・クルマ)の方が責任を負う形が多いと思います。

そういった時、
自転車車体の弁償を求められる事を考えて下さい。

大抵は保険屋さんが色々と動いてくれるでしょうけど、
思わずぞっとしてしまいます…。



自転車を見かけたら、可能な限り道を譲ってあげましょう。

posted by 高千穂の残党 at 02:50| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

気温高い…

暑い。

今日の熊本の最高気温はなんと32℃

この外気温が高い状態で、
空冷エンジンのモンキーを長時間走行させるのは
ちょっとかわいそう。

そんなわけで、
今日は自宅のウラにあるちょっとした未舗装路で
なんちゃって悪路を走行して遊びました。




060619_1648~01.jpg
地面がむき出しの土手のような道です↑


このずっと先は四輪は進入する事が出来ないので
クルマは一台も通る事はありません。
主にジョギングやペットの散歩をする方に使われています。




少し進んでいくと…
060619_1648~02.jpg
大型バスがいっぱい↑


実はこの道は熊本電気鉄道株式会社の経営する
熊本電鉄バスの敷地のウラにあたるので、
いつもたくさんのバスを見る事ができますよ♪




もっと進んでいくと…
060619_1650~01.jpg
むき出しの地面は終わり、
草の多い道になっていきます。


こういった草地でも
モンキーのタイヤは頼もしく、
しっかりと地面を掴んでグリップしてくれます。




ここは橋と橋で結ばれていて
ぐるぐると周回する事ができます。

アスファルト、土、草地、石ころ、
4種類に路面状況が変化するコースなので
結構気に入っています♪




明日も最高気温が32℃という事なので、
またここで遊ぶと思います。
posted by 高千穂の残党 at 02:16| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

農道の景色

夕方から暇でしょうがなくって
たまらずモンキーで出掛けました。

行くあては無かったのでフラフラ走っていたら、
いい農道を発見しました♪


060618_1827~02.jpg
とてもなが〜い農道です。
道幅も結構大きくて、農作業のトラクターが走っていても
邪魔にならないように横を走り抜ける事ができます。



また、キレイに整地されているようで
曲がり角を選べば
ぐるぐるととても長い距離を周回することもできます。



060618_1827~01.jpg
水を張った田んぼの奥に牛舎が見えます↑



農道の景色も捨てたものではありませんよね。

これからの農道の景色がとても楽しみになりました。



言うまでもなく、
一般のクルマは全く通る事がありませんので
とてもゆったりとした時間を過ごす事ができました。


時間があったら
次は自転車で来てみたいと思います。

posted by 高千穂の残党 at 03:49| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

変速機

最近シフトチェンジが上達したみたい♪
と、自画自賛するほどになりました。


そもそも変速機が何のためにあるのかご存知でしょうか?

速度を変えるため】ではないのですよ。

間違いではありませんが、正しい答えとしては

エンジンの回転数を一定にするため】なんです。

回転数を一定にしようとした結果
速度が上がったり下がったりするという事でしょうか。


回転数を一定に変速すると
スピードを落とさずスムーズに高ギアに繋げる事ができます。

しかしモンキーにはタコメーターエンジンの回転数を測る装置)が無いので、
どうやって回転数を合わせれば良いのでしょう?

それは簡単で、エンジンの音と振動。
自分の体を通じて測るのです♪

モンキーでは90kmが最高燃費とされていますが、
それは平地でギアを4速、速度を30km/hに維持した状態です。

その回転数が最も燃費の良い回転数ですから、
この回転数(音と振動)で変速すれば良いのです。

僕のモンキーでは、
2速→3速はだいたい10km/h前後
3速→4速はだいたい20km/h前後。

1速→2速はこれとは違うようで、未だにコツが掴めない状態です。汗


回転数に神経を遣うようになったのは、コイツのせいです↓
bkjbhnfbj ndfbjn dflsd.JPG
無印良品アルミATBタイプ自転車です。

無印の自転車については賛否両論ありますけれど、
僕が買ったコイツはとてもよく走ってくれています。

価格は¥15800(税込み)でした。
最強に安いのですが、粗悪さも最強です。


コイツを購入したきっかけは運動不足の解消のためです。

そのきっかけとなったのが、僕が夜な夜な拝見している
ことぶきのblogな生活』様のエクササイズ講座を拝見した事でした。

効果の程は、100kmほど走行して
3800kcalの消費(おおよその計算)といった所です。

運動強度などについては、
これ以上はブログの主旨が破綻してしまうので控えておきます。


自転車のペダルの回転数と
四輪・二輪のエンジンの回転数の関係については
また後日述べたいと思います。


明日は雨は降らないみたいだからATBで出掛けようかな♪
posted by 高千穂の残党 at 04:04| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

悪路

060616_1834~01.jpg
熊本県合志市にて↑


農道を走っていると
広大なとうきび畑がありました。
このとうきびは家畜の飼料として作られているようです。


bhdifbvdfshjfbshv.jpg

悪路走行を楽しんできました。
こういったオフロードの方が
モンキー特有のタイヤには合っているようでした。



普通の道路だけじゃなくて
たまにはこういった悪路も面白いな。

また遊びに行こっかな。



posted by 高千穂の残党 at 20:51| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

振動

熊本は大雨の影響はあまりなく、
午後からはキレイに晴れました♪

九州南部に関してはとてもひどかったようです。
今後これ以上死傷者が出ない事を祈ります。


さて。
以前から気になっていた事について考えてみました。

それは“ハンドル部の振動”です。

信号待ちなどアイドリングの状態でいると、
ハンドルに振動を感じる事がありませんか?

ハンドルが震えると、ミラーまで震えて後ろがよく見えなくなりますよね。

その時に“前輪ブレーキレバー”を握ると、
ハンドルの振動がふっとなくなってミラーの振るえまで止まります。

どうしてブレーキを握ると振動がなくなるんでしょうか?

gvhsadruhvadnol.JPG
↑ワイヤーのおかげ?


とりあえず。
自転車(レーサー)ではハンドルやフレームからの振動が大きいと、
ライダーの体力の消耗も大きく、疲れやすくなります。

そこで各メーカーは、
フロントフォークにサスペンションをつけたり
フレームにカーボンクロームモリブデン鋼を使って
ライダーへの振動をできるだけ減らそうとします。


と、いうことは。

モンキーでも、長い信号待ちになりそうな時には
前輪ブレーキレバーを握って
エンジンからの振動を軽減させましょう♪

きっと疲れにくくなる…はず♪





 
posted by 高千穂の残党 at 22:47| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

候補

以前、原付を新調する際に
スズキ・チョイノリが候補に上がっていた事を述べましたが、
今回はその他に候補に上がっていたバイクを紹介していきたいと思います。

前に乗っていたスクーターがホンダ車だったので、
候補車はホンダの中から選びました。


gbh nefe.JPG
まずはSmart・Dio Z4(すまーとでぃお ずぃーふぉー)です。
僕は現行スクーターの中でもZ4は最高だと思っています。
いま見てるだけで欲しくなっちゃいます…笑

hfvhfoevhefoh.JPG
次にXR50-Motard(えっくすあーるごじゅう もたーど)です。
モタードとは欧米から伝わった割と新しめのジャンルで、
オフロードのボディに小さめのロードレース用のタイヤを履かせています。
ヘッドライトは四角で、かっこいいです。

jkhnlhjnefgrl efgr.JPG
最後にBenly 50S(べんりぃ ごじゅうえす)です。
ビジネスバイクであるベンリィのスポーツバージョンで、
レトロな印象のあるバイクです。
エンジンもモンキーとほぼ同じですね。
このバイクは真っ赤なカラーリングで選びました。

monkeymonkey.JPG
おまけ。



なんだかんだ言っても、やはりモンキーが一番です♪
posted by 高千穂の残党 at 13:50| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

レジャー

今回はタイヤに着目します。

24_l.jpg
モンキーはレジャーバイクというように、
8インチブロックパターンタイヤを履いています。


1969年モンキー登場の際
モンキーの主な用途としては、以下の3つです。

1.レジャー(野山)や悪路での走行
2.街中での移動手段
3.会社・工場構内での業務用連絡など




それでは8インチというサイズから考えます。

初代モンキーには5インチサイズのタイヤが使われていた事から、
ニューモンキーでの8インチ起用はタイヤの大径化という事になります。
8インチへ大径化され
操縦性・安定性が向上したとはいえ、
悪路を走行するオフロードバイクのタイヤに比べればまだ小さいものです

タイヤ径が小さいほど、
段差を乗り越えるのが難しくなります。



次に、ブロックパターンタイヤについて考えます。

悪路では最高のグリップ・走破性を示します。
しかし、街中での舗装路では転がり抵抗が大きくなってしまい
スピード持続性はあまり良くありません。



このように考えていくと
モンキーのタイヤは中途半端な装備であるように思えます。

だからレジャーバイクなんです。
モンキーの素晴らしい点の一つです。

舗装路・未舗装路を問わず走ってくれる、
おそらく地球のどんな所でも走れそうな気がしますよね?


まぁ、僕の勝手な解釈ですけどね…。


posted by 高千穂の残党 at 04:08| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

晴れてる

入梅が発表されたのに
この快晴はなんでしょう。

家にいても暑いし…
手入れしてても暑いし…
涼しくなろうと思ってモンキーに乗っても暑いし…

まぁ考えれば巡航速度30kmじゃ風はあまり感じられないですね。


僕は乗っているだけだからまだ良いのですが
走っている本人はこの暑さで大丈夫なんでしょうか?
エンジンのかなりの熱が靴を通して伝わってきます。

この暑さがモンキーのエンジンにどんな影響が出るのか(熱ダレとか)
調べてみました。



まず、モンキーは空冷エンジンです。
空冷とは文字通り外気をエンジンに当てて冷却する方法です。

600x450-2005070500001.jpg
シリンダーヘッドの周辺にヒダ状冷却フィンがあります↑

走行中に生じる風が、この冷却フィンの間を流れて熱を奪い
エンジンが冷却されるというシンプルな方法です。
ヒダ状になっているのはエンジンの表面積を大きくするためです。

ただし信号待ち外気温が高い時などは
オーバーヒートを起こしやすいとされています。


スクーターなど、エンジンがカウル全体に包まれていて
走行風を得られない車種には、冷却水を用いた水冷エンジンが多く採用されます。


…とりあえず、風がないと真夏の信号待ちはエンジンに影響がありそうです。

しかし、モンキーのオーバーヒート対策については
詳しい情報を得る事ができなかったので、
モンキーに乗っている友人に確認してみました。


WIN 「真夏でもモンキーにラジエターとか付けんでも平気?
   オーバーヒートとかせん?」

友人『せんとじゃ?
   遠距離走り続けんかったら。
   夏に元気に走っとってもそんななったことにゃあし。
   カブエンジンなめちゃいかんばい』


と、いうことで。
夏に元気にモンキーを走らせても問題ないそうです。 


でも休み休み走らせた方が良いのかな…。















posted by 高千穂の残党 at 04:49| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

梅雨入り発表

熊本は今朝、
とうとう梅雨入りが発表されました。

今年は平年より3日遅い梅雨入りだそうです。

なのにまだ梅雨対策は、完了せず。
すみません時間が無いのにモタモタやってました…汗

とりあえず新たに分かった錆びポイント↓
dgbh重bdfbhんfkbfsd.jpg
ダンパーロッド(写真上)
チェーンアジャスタロックナット付近(写真下)

この2箇所は数年かけて必ず錆びてくる部分です。

てか、もうほぼ全体が錆びますね…。
錆びない部分を探した方が早い感じですね。



今日はなんと3台もモンキーとすれ違いました。

その中で一番のサビサビモンキーが…
16_l.jpg
この1992年のモンキーです↑

持ち主がすぐに現れたので、残念ながら写真に収められず。
しかし見事な錆び具合でした…笑


あそこまでいくと人間もうどうでもよくなるようです。


今度こそ写真に収めてやる。
posted by 高千穂の残党 at 23:57| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

リアキャリア対策

この前ミラーステーに防錆処理として
5-56を表面に薄く拭き伸ばしておいた訳ですが、
あれから4日経ちました。

『ベタベタして埃とかゴミが着いて汚れるかも…』
そんな心配もあったのですが、
今日の強い日差しの中ピカピカに光っていました。
意外と汚れないものですね♪

もちろん根元の六角ナットも。

効果はどれくらい持続するのか分からないので、
小さな錆びが発生するまで放っておこうと思います。
(季節で違うと思いますが…)
(あと潮風の影響も大きな違いになるかも…)
条件をきちっと考えておかないと。



今までずっと見て見ぬフリをしていた箇所に
今日になってようやく着目。

ここです↓

060331_0835~03.jpg
リアキャリア。

写真はまだピカピカな時ですが…
はっきり言って錆びすぎです!

モンキーの中で一番錆び始めるのが早かったように思います。
特に奥深くが。



気力があれば明日にでも
リアキャリアを取り外して防錆処理をと考えています。

サービスマニュアル(整備書)見た限りじゃ
配線が厄介かも。
最悪切れちゃったりして…。

暇だったらオイル交換もしよっかな。

あと日常点検もしばらくやってないから
調整しようかな。


どうせ雨だし。

posted by 高千穂の残党 at 01:36| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

雨天走行チェーン対策

スクーターって、すごい…。

便利…てか楽チンかな。

メットインには荷物入れれるし。

おまけに速いこと!

しまいにゃメンテナンスフリーですよ!!



ま、そんな便利さが嫌になってモンキーに乗っているわけですが。



今日、家のモンキーを眺めながら
チェーンのメンテナンスの事を考えてました。

最後にチェーン清掃してから程なく1000kmになります。
そろそろ2度目の清掃が必要。

チェーンのメンテは一般的には走行距離で管理します。
ただし雨天走行後を除いてなのです。

つまり、雨の中を走ると
チェーンやスプロケットのオイルが流れてしまう事があるので(使用オイルによりますが)
潤滑性が落ちてスプロケットの磨耗につながります。
また、巻き上げた砂なども研磨剤の役割になって
これまたスプロケットの磨耗を促してしまいます。
(あくまで一般論ですけど…)

060418_0701~01.jpg
後輪に付いている歯車(?)がドリブンスプロケット

060418_0619~01.jpg
前の小さい歯車(?)がドライブスプロケット

そういうわけで、雨天走行後には
早めのチェーン清掃が必要不可欠になります。


スプロケットの交換なんて、
大変そうだからしたくない…金もかかりそう(スプロケ価格+整備費)。

だけど、チェーン清掃するのも
ケミカルに結構お金がかかってしまう…。
減るのも早いし。


お金に余裕があって、
面倒くさがりでない方にはそれでも良いでしょうけど。

でも僕はなるべく出費を増やしたくないし、
てかいちいち大変なチェーン清掃なんてやってられるか!!


と、いうことで。
雨の日にもバイクに乗る人達に、僕はコレを推奨します。

060606_0145~01.jpg
KUREスーパーチェーンルブです。

お薦めする理由として、
やはり粘度の高さでしょうか。
ちゃんと浸透しますし、飛び散りも少ないです(量にもよりますが)。
他のチェーンオイルと比べて効果が長続きして、
500km以上走行してもずっとヌチャヌチャしてます。

これなら雨で流される事もない。
しかも、持続性が高いのでコストパフォーマンスも高く
雨天走行後でも毎回チェーン清掃しなくても済みそうです。

巻き上げた砂や汚れの問題は解決できませんが…汗

もちろん、雨の日に乗らなくてもこのルブを推奨します。
雨の日に乗らない方が性能を発揮しますよね。



梅雨のチェーンのメンテ問題は、
今の所これで乗り切っていけそうかな…。


てか、スクーターはチェーンないから楽だな…。



posted by 高千穂の残党 at 02:12| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

マフラー・シリンダー

いま僕が錆び対策として悩んでいる箇所。

それはマフラーシリンダーです。

600x450-2006031700048.jpg
マフラーはこの部分がよく錆びます。
このマフラーは、マフラーカバーの裏にも錆びが結構ありますね。



gbんfgrbfgrbfg.jpg

hdtbhんdfsんdgんgdbん.jpg
シリンダーも最終的にはこんな有様に…。
どうやら鋳鉄なので錆びが浮いてくるようです。


どうして悩んでいるのか。
それはこの箇所は高温になるからです。
いくら5-56や6-66でも高熱の部分には効果は無いと思います。

KUREから耐熱ペイントコートというピッタリの物が出てはいるんですが
量販店を色々探しましたが置いている店がありませんでした…汗
ブラックとシルバーの両方が出ているので是非手に入れたいです。
            16.gif


これがみつかるまではマフラーとシリンダーの防錆は先延ばしとなりそうです。


まぁ、KUREにこだわらずとも良いのですが。

posted by 高千穂の残党 at 03:32| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

バイクカバー

ジメジメした湿気は機械物によくありませんよね。

僕は雨の日にはバイクカバーを被せています。
まぁ晴れの日にも被せていますけど…笑
「彼らにとってバイクカバーは布団なのかなー?」と思って。

でも、一番の理由は防犯対策でしょうか。
バイクを見せない。防犯はまずここから始まると思っています。
バイクに限らずですけど。


話がそれてしまいましたが、
今回のテーマは【湿気】【保管】なのです。

せっかく買ったバイクだから、
長持ちさせたいというのは誰もが思う事です。
バイクの部品はほとんどが鉄やアルミで出来ていますので
雨ざらしにしてしまえば、当然錆びたり腐食してしまいます。
出来るだけ雨風には当たらない様にするのが良いです。

家の中に保管できる方は
玄関や部屋に保管して頂ければベストです。

家の中に置けない方は、シャッター付きの車庫などベストでしょう。

家の中はそんなに広くないし、車庫や駐輪場はあるけど
雨風をしのげるような作りじゃない。
ほとんどの方がそうであると思います(ウチもそうです…汗)

でも大丈夫。バイクカバーという素晴らしい味方がいます。

しかし、ただ被せりゃぁいいってもんじゃないんです。


※ここからWINによるカバーの幼稚な図ですが勘弁してください。
※モデル:モンキー・LTD



bhjvefrjbvheropj.JPG
↑バイク全体をカバー覆っている状態です。

通常この様な状態でカバーを使用されている場合が多いと思います。
僕もそうです。

地面がコンクリートやアスファルトの方はこの方法で構わないのですが、
この時期、バイクカバーの中は湿気だらけになって
インナチューブやボルト類が錆びついてしまい、困った事になってしまいます。

ではどうするのかというと、この状態で
カバーの中にバイクと一緒にタンスや押入れの除湿剤を入れておくのです。
カンペキな除湿とまではいきませんが、水がじゃんじゃん溜まっていきます。
使わないよりは、相当な効果があると思います。



hdscvdbhvdola.JPG
↑バイクカバー&お風呂とかで使う“すのこ”

これは家の中に置けない方で、地面が土の場合に有効です。
土がむき出しの地面から湿気がカバーの中に溜まらないように
という考え方です。



gbhyugigbki.JPG
↑ちょっと隙間のあるカバー

こちらも湿気が溜まらないような効果はあるでしょうけど、
ホイールが雨風にさらされて錆びてしまいそうですね…汗
ホイールはしぶとい錆びになりそうなので僕はあまりしません。


梅雨に限らず、雨が降った日には有効だと思います。
雨が上がったらカバーを外して湿気を逃がしてあげないといけません。


実は、僕は自転車にもこれをやっています…笑


posted by 高千穂の残党 at 03:30| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

ミラーステー

ミラーステー…。
いつの間にかサビている部分ですね。
特に根元のネジ部分がサビやすいです。

そろそろサビが目立ってきていたので、
サビ落とし&再発防止対策をしてみました。

060601_1942~01.jpg
外はもう暗くなっていたので、
家の中に持ち込んで行いました。外では虫に刺されますね…汗

060601_1941~01.jpg
こんな感じで浮くようにサビが出ていました。
製造段階でメッキ処理を施してあるのでしょうけど、ひどいです。

060601_1951~02.jpg
こちらは六角ナットですが、表面はざらざらしていて
メッキ処理のかけらも無い感じですね。
こちらは表面ではなく、傷のような溝にサビが発生しており
スペアがあれば交換したいくらいです。

060601_2224~01.jpg
削り・磨きには田宮模型のフィニッシングペーパーを使いました。
てか、家にこれしかありませんでした。
内容は#400・#600・#1000のセットと
#1100・#1200・#2000のセットです。
【プラスチック・金属用】とあるので、これでも良いかと思います。

060601_2009~01.jpg
※研磨済み(ミラー付近)↑
なるべく表面のピカピカメッキを残したいという気持ちが強かったので、
かなり細かい#2000のペーパーで磨きました。
気持ちよくサビがなくなりますね〜♪サビを拭き取る感じで。
写真のような丸い部分のくびれ辺りも入念に磨きます。
外せると便利なのですが、結局外せませんでした。
また、+2サイズのネジがあるのでコレを外すと丸い部分が磨きやすいです。

060601_2010~01.jpg
※研磨済み(ステー根元)↑
このネジの溝部分です。
ここはペーパーを折り曲げて、溝に沿って磨いていきました。
一番細かいペーパーから使っていき、それでもサビが落ちない場合は
徐々に粗目のペーパーを使っていきます

060601_2132~01.jpg
六角ナットはこんな感じで(写真ではわかりづらいですけど…)
ピカピカ感が消失しました。
サビがなかなか強固だったので、#400のかなり粗目のペーパーで磨いたためです。

当初、六角ナットに関してはステンレス製の物に交換しようと思っていました。
しかしホームセンターにジャストサイズが無く、そのまま再利用する事になりました。


磨いてサビを落とした後は、
ミラーステー全体根元のネジ部分六角ナット
グリーススプレーを塗っていきます。
ウエス(ぼろ布)などにスプレーを染み込ませて薄く塗っていきます。

ここではKURE社6-66を使うと良いと思います。
666はマリーン用(船舶・海のレジャー用)で5-56よりも
防錆効果は高いです。
今回は手元になかったので556を使いましたが、十分だと思います。

グリーススプレーは手に触れない箇所に防錆として吹いておくと有効です。
ミラーステーはあまり触ったりする事がありませんよね?
他にも、リアキャリア下部やタンクの裏など目に見えない所にも使います。
ホコリや汚れが付着して黒く汚れてしまいますが、
サビてしまよりは油汚れの方がマシですよね?


最後に、手袋をして車体に取り付けた後
もう一度556を塗っておきました。


後で友人に尋ねて分かった事ですが、
ミラーステー部には556を吹きつけて
数分後にウエスで拭き取れば傷も付かないそうです。
メッキ部分には大体これで通用するとの事でした。


今回は不本意ですが、これで良しとしておきます。
posted by 高千穂の残党 at 01:17| 熊本 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

梅雨

6月に入りました♪
水無月とも言いますが、現代では梅雨の季節ですね〜…。

と、言う事で。
今月のモンキーは【どんなに雨の中を走ってもサビさせない】
でやっていこうかと考えています。

つまり、雨にさらされる前にサビ止め加工を施し
雨天走行後に必要なグリースアップを施す……といった所でしょうか。

どんな箇所にサビ止めが必要なのか?
それは、他人のモンキーを覗いてみる事で分かりますよ(反則でしょうけど…)
特に手入れがされていないモンキーには、それなりのサビが発生しているものです。
また、オークションで出品されているモンキーのパーツを見ても可能かと思います。
出品されているマフラーを見てみると一目瞭然!という感じですよ。

そして、他のHONDA車を見てみるのもアリです。
モンキーのエンジンはベンリィと一緒ですね。エンジンのどの部分がサビやすいのか。
他車種でも同社車ならキャスター等も同じ素材が使われている事が多いのではないでしょうか。

既にサビてしまった箇所は、深く侵食していなければ1000番〜のサンドペーパーで
落としてしまえば良いのです。KUREスーパー5-56を吹くのを忘れずに。


monkey_2000127.jpg
↑いつも新品同様にしてやりたいものです


とりあえず目立つ箇所のサビ止めから始めようと思います。
その都度アップする予定です。

気力があれば……

posted by 高千穂の残党 at 02:21| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。